国際日本学研究叢書22

 

国際日本学研究叢書22
『受容と抵抗−西洋科学の生命観と日本[国際シンポジウム報告書]』
(2015年2月17日発行)

◆Préface/Shin ABIKO
序/ 安孫子 信
◆Les deux sources du vitalisme dans la pensée de la période d’Edo/Alain ROCHER
江戸時代の思想における生命論の二源泉/アラン・ロシェ(翻訳:石渡崇文)
◆Robot Vie/Paul DUMOUCHEL
ロボ・ヴィー[Robot Vie]/ポール・デュムシェル(翻訳:小野浩太郎)
◆Mon ami le robot/Dominique LESTEL
私の友達 ロボット/ドミニック・レステル(翻訳:松本力)
◆Japanese translations of natural selection andthe remnants of social Darwinism/Taizo KIJIMA
natural selection の日本語訳と社会ダーウィニズムの残留/木島泰三(翻訳:木島泰三)
◆The biopolitics of contemporary Japanese society/Osamu KANAMORI
現代日本社会の生政治学/金森 修(翻訳:鈴村裕輔)
◆La spatialisation de la vie et les soins infirmiersdans un hôpital psychiatrique au Japon/Yasuhiko MURAKAMI
日本の精神病院における生活の空間化と看護/ 村上靖彦(翻訳:石渡崇文)

◆«Science et technologie»
autour de la gouvernance de la vie– réflexion à partir de la base historique de Nishida –/Masaru YONEYAMA
生命支配をめぐる<科学と技術>——西田における歴史的地盤から考える/米山 優(翻訳:米山優)

◆Théorie de la technologie chez Kiyoshi MIKI/Tatsuya HIGAKI
三木清の技術論――形をなすものとしての構想力——/檜垣立哉(翻訳:檜垣立哉)
◆Le dualisme dans la philosophie de la symbiose de KUROKAWA Kisho/Thierry HOQUET
黒川紀章の共生の哲学における二元論/チエリー・オケ(翻訳:松井久)
◆Contributions réunies et présentées par Shin Abiko
責任編集:安孫子 信