国際日本学研究叢書12

国際日本学研究叢書12
『日本文化の中の天皇[2008年アルザスシンポジウム報告]』
(2010年3月31日発刊)

◆国際日本学研究叢書『日本文化の中の天皇−天皇とは?』刊行にあたって/安孫子 信
◆L’emergence de la figure du souverain a la fin du VIIe siecle.
/La complexite de la souverainet de Tenmu.Francois Mace
◆「お印」について −日中の相違を中心に/王 敏
◆直き天皇から見えるもの/田中 優子
◆琉球王国の権力カリスマについての一考察− もう一人の『太陽(テダ)の子』−/ヨーゼフ・クライナー
◆幕末・明治期における天皇の肖像/相良 匡俊
◆May I touch you?”The corporality of the emperor’s person/Josef KYBURZ
◆The Japanese Emperors as Seen on Japanese and Western Postcards,1900-1945/Sepp LINHART
◆「哲学」と天皇制 −西周の場合−/安孫子 信
◆和辻哲郎の象徴天皇制擁護論/星野 勉
◆中世における天皇について/河内 祥輔
◆古代天皇制の特質−その神聖性の淵源をめぐる諸研究−/小口 雅史