【開催案内】江戸東京研究センター主催 講演+座談会「江戸の天文学」(2019年12月8日)2019/11/09

文部科学省補助金「平成29年度私立大学研究ブランディング事業」

法政大学江戸東京研究センター主催 講演+座談会「江戸の天文学」

2017年度に国際日本学研究所とエコ地域デザイン研究センターとの連携による「江戸東京研究」が文部科学省の「私立大学研究ブランディング事業」に採択され、江戸東京研究センターが発足しました。

このたび、江戸東京研究センター主催による講演+座談会「江戸の天文学」を開催いたします。

今回は江戸東京研究センターとして初めて小金井キャンパスでの開催です。
定員になり次第申し込みを締め切らせていただきます。

◆概要◆
人間は時の流れを知って将来の予測をするために、自然現象を利用しました。月の満ち欠けや太陽の運行によって時を知らせる暦の文化は中国から日本にもたらされましたが、江戸時代中頃、徳川吉宗によって西洋の科学技術を学ぶ道が開かれ、近代的な天文学の知識が改暦にも生かされるようになりました。
令和元年という時の節目に、本イベントでは天文学に取り組んだ江戸時代の知識人たちの業績をたどり、西洋天文学が庶民に与えた影響を考えます。また、天文学の場としての江戸東京について、理系と文系の研究者がともに語ります。

■日時:2019年12月8日(日)14時~16時30分

■場所:法政大学小金井キャンパス 西館 地下1階 マルチメディアホール

【小金井キャンパスへの交通】
JR中央線 東小金井駅下車 徒歩約15分またはバス5分
詳細はこちら→http://www.hosei.ac.jp/gaiyo/campus/koganei/koganei.html

—————————-
【講演】14時~
「江戸の天文学―西洋科学受容のパイオニア」
講演:中村士(元帝京平成大学教授)
コメント:田中優子(法政大学総長)
—————————-
【座談会】15時30分~16時30分
「天文学の場/江戸東京」
中村士/田中優子/岡村定矩(元法政大学理工学部創生科学科教授)
司会:横山泰子(法政大学江戸東京研究センター長)
—————————-

■入場無料

■参加申込  専用申込フォームからお申込みください。
PC/スマホ用アドレス https://www.event-u.jp/fm/10948
携帯(ガラケー)用アドレス https://www.event-u.jp/fm/m10948

■主催 法政大学江戸東京研究センター
■共催 法政大学理工学部創生科学科

■お問合せ先
法政大学江戸東京研究センター事務室
E-mail: edotokyo-jimu◎ml.hosei.ac.jp
※ ◎を@に代えて送信してください
TEL : 03-3264-9682(法政大学国際日本学研究所内)

★詳細は江戸東京研究センターのウェブサイトの開催案内をご参照ください。
https://edotokyo.hosei.ac.jp/news/event/event-20191106101536