トゥールーズ第2大学ル・ミライユ日本学科准教授のイブ・カドー氏の研究所訪問(2013.3.6)

トゥールーズ第2大学ル・ミライユ日本学科准教授のイブ・カドー氏の研究所訪問

 

日 時: 2013年3月6日(水)17:00〜17:40

場 所: 法政大学九段校舎別館1階 国際日本学研究所

 

左より:イブ・カドー氏、安孫子信所長

 

トゥールーズ第2大学ル・ミライユ日本学科准教授のイブ・カドー氏がHIJASを訪問された。カドー氏はトゥールーズ第2大学ル・ミライユが提携している大学との協議とシンポジウムでの報告のために来日し、公務の合間を縫って来訪が実現した。今回はHIJAS側から安孫子信所長、鈴村裕輔客員学術研究員が出席し、トゥールーズ第2大学ル・ミライユ日本学科における研究教育活動の現状やフランスにおける日本研究の最新の情報などについて意見が交わされた。カドー氏は2009年11月に開かれた国際日本学シンポジウム「人体と身体性」にヨーロッパ側の一員として参加しており、HIJAS関係者との懇談は3年4か月ぶりのことであったが、安孫子所長が次回来日する際にはHIJASでカドー氏を講師に迎えた研究会を開きたい旨を提案し快諾を得られるなど、会談はつつがなく行われた。

【記事執筆:鈴村裕輔(法政大学国際日本学研究所客員学術研究員)】