国際日本学研究叢書7

国際日本学研究叢書 7
『国際日本学−ことばとことばを越えるもの−』

(2007年3月31日発行)
sousyo7
◆刊行にあたって/星野 勉
第一章 翻訳とことばを越えるもの
◆漢字と万葉語の関係/間宮 厚司
◆古典文学作品の翻訳−訳者は何を目指すべきか−/スティーヴン・G・ネルソン
◆異文化を伝える、ということ/田中 優子
◆日本の近代化と翻訳文化/島田 信吾
第二章 ヨーロッパとアジア−ことばによる理解とことばを越えた理解
◆工芸技術や民具コレクションの役割:日本研究と日本観との相互関係についての一考察/ヨーゼフ・クライナー
◆ことばを越えて−丸山応挙の西洋文明へのまなざし/ジョセフ・キブルツ
◆伝統文化はどのように言葉を越えられるのか−茶芸と茶道への視点/陸 留弟
◆「変節」から読み解く日本文化−固定性思考と関係性思考を中心に/王 敏
第三章 ことばとことばを越えるもの
◆西洋文明論としての新渡戸稲造『武士道』/桑山 敬己
◆ことばとことばのはざまから−関係性から考える国際日本学/島田 信吾
◆「国際日本学」とは何か−「翻訳」から見えてくるもの−/星野 勉