国際日本学研究叢書16

国際日本学研究叢書16
『日本のアイデンティティ−形成と反響− [2010年アルザスシンポジウム報告]』

(2012年3月31日発行)
◆国際日本学研究叢書16『日本のアイデンティティ-形成と反響』刊行にあたって/安孫子 信
◆Anthropology, Colonialism and National Identity in Japan:Some Remarks on Their Systemic Relationship
/Hans Dieter Öelschleger
◆シンポジウム
「日本のアイデンティティ-形成と反響」紛争のアイデンティティ-伊波普猷と柳田国男の思考における沖縄人
/ローザ・カーロリ
◆Travel Guides to th Empire:The Production of Tourist Images in Colonial Korea/PAI Hyung Il
◆端午の節句の変容:中国的から日本的へ、女性的から男性的への転換/王 秀文
◆Ishibashi Tanzan”s‘small Japan Policy’ andHis Notion of Japan in the Interwar Period/SUZUMURA Yusuke
◆「やわらぐ国」日本という自己像/小林 ふみ子
◆Eloges du Japon et de la japonité au seuil du XVIIIe siècle–Nishikawa Joken (1648-1724) et la culture de Nagasaki
/Annick HORIUCHI
◆Bones and Japanese Identity /Timon SCREECH
◆From Aizawa Seishisai’s vision of Christianity to State Shintô/Josef KYBURZ
◆明治維新:発明された「復古」と、再生する歴史のメタファー/川田 順造
◆Presse et identité d’état au début de l’ère Meiji/Christiane SÉGUY
◆物語性によるアイデンティティーの構築/島田 信吾
◆西周による「哲学」の導入と日本という地平/ 安孫子 信
◆周縁「日本」のアイデンティティ-丸山眞男の「古層」論を手掛りとして/星野 勉
◆国号「日本」「日の本」の起源とその意味、そして後代への影響-近年の国号論議の隆盛をうけて-/小口 雅史