国際日本学研究叢書13

国際日本学研究叢書13
『人体と身体性 [2009年アルザスシンポジウム報告]』
(2010年8月31日発行)

◆国際日本学研究叢書13『人体と身体性』刊行にあたって/安孫子 信
◆叙述された身体−『平家物語』巻八「征夷大将軍院宣」を中心に−/小秋元 段
◆日本近世における女性の身体に対する性的まなざし−「あぶな絵」が示すもの−/小林 ふみ子
◆The Body Silent/Josef KYBURZ
◆Transformation as Monstrosity Monster Representationsas Mirrors of Anxienty
in Traditional and Contemporary Japanese Visual Media/Zillia  PAPP
◆日本人はどのようにして西洋近代のリズムを身につけたか/相良 匡俊
◆Beyond the Japanese language:Communication and the human body/Peter  ACKERMANN
◆嘉納治五郎  身体と心/イブ・カドー
◆人体の使い方と自我意識の発達/川田 順造
◆能の所作の特徴を考える/山中 玲子・岩月 正見
◆西周と心身問題/安孫子 信
◆日本の生命倫理学における人の身体/クリスティアン・シュタイネック