国際日本学研究叢書11

国際日本学研究叢書 11
『異文化としての日本−内外の視点−』

(2010年3月31日発行)
序論(序文に代えて)
◆異文化としての日本  −内外の視点−/王 敏
Ⅰ 日中比較の視点による文化学の展開
◆仏教受容の仕方から見た日中〔印〕の比較文化/植木 雅俊
◆「五・四運動」勃発原因と日本/王 虹
◆学問体系における「脱亜論」−福沢諭吉の儒学批判の論理−/周 程
◆共生・共存・共栄のための日中比較文化論−異文化理解とコミュニケーションを中心に−/王 秀文
◆現代政治をめぐる「雑居的寛容」と「雑種文化」−「相互理解としての日本研究」と国際理解教育のために−
/大藪 敏宏
◆日中「松」のイメージの比較および文化学の解読−『万葉集』と『全唐詩』を中心として−/張 石
◆芥川龍之介の『支那遊記』−章炳麟とのギャップを中心に−/魏 大海
Ⅱ 多文化の中における日本文化論
◆日本文化再訪 −多文化主義について−/加藤 周一
◆江戸文化研究は中国を必要としている −欧米研究者を事例にして−/田中 優子
◆「日本を方法とする」日本学の新展開/楊 偉
◆明治日本の女子教育に対する津田梅子の貢献−“屋根裏部屋書簡”と関連文書を手がかりに−
/陶 徳民(翻訳:王 童童)
◆日本浄土信仰の流れと法然の思想について/趙 仲明(翻訳:中野 英夫)
◆「天孫降臨」の真義  −神話の文化学的研究−/¥李 国棟
◆詩人黄瀛の光栄 −書簡性と多言語性−/岡村 民夫
Ⅲ アジアの現代と日本の相関関係
◆文明・文化の新しい定義と東アジア/小倉 紀蔵
◆現代韓国における日本研究の変遷と動向/小針 進
◆東アジア諸国の同質性と多様性/光田 明正
◆日本化された台湾?中国化された台湾?あるいは日本化された台湾?
−文化マッピングと文化政策の弁証法的関係− (上)/王 向華・邱愷欣(翻訳:鈴村 裕輔)
◆植民地的「和解」のゆくえ−戦後から七○年代までの日本社会における霧社事件文学をめぐる一考察/李文茹