国際日本学研究叢書10

 

国際日本学研究叢書10
『翻訳の不可能性 [2007年アルザスシンポジウム報告]』

(2010年2月25日発行)
国際日本学研究叢書10『翻訳の不可能性』刊行にあたって / 安孫子 信
◆翻訳の不可能性とは何か/ジョセフ・キブルツ(翻訳:安孫子 信、鈴村 裕輔)
◆西周と翻訳の問題/安孫子 信
◆”Religion”と”宗教” - 明治期における翻訳と解釈の問題-/ハルトムート・ローテルムント(翻訳:相良 匡俊)
◆「漢字文化」体験から教えられる日本文化/王 敏
◆パリ警視庁と東京警視庁 -行政制度に関する翻訳の可能性と不可能性-/相良 匡俊
◆翻訳不可能なものと、翻訳しなくてよいもの
能 - タペストリーの翻訳 /山中 玲子
◆言葉を越えて?
翻訳不可能なものを翻訳すること:「糸引き歌」の場合
/サンドラ・シャール(翻訳:安孫子 信、アドリアン・ベッカム)
◆近世文学における主語・近世文化における連 /田中 優子
◆ジャーナリズムの概念は輸入できるか-明治初期における反政府的な可能性をもつものの導入について-
/クリスティアーヌ・セギー(翻 訳:相良 匡俊
◆翻訳のずれ - 「社会」という概念を例に /島田 信吾
◆「翻訳」と日本文化の自立性 /星野 勉
◆グローバル化された世界における「翻訳文化」 /イルメラ・日地谷=キルシュネライト(翻訳:山中 玲子)