『国際日本学』第1号 

『国際日本学』第1号(2003年10月31日発行)
photo_seika001
◆「国際日本学」方法論構築をめざして/中野栄夫
◆現代中国における日本研究概説(その一)/王 敏
◆中世・近代日本における隣国の行き来—明皇帝から琉球国王への勅封下賜を通じて—/孫 薇
◆中世・東アジアにおけるアイヌ史研究の課題/ 山田志乃布
◆世界の中の能−外国人の能楽発見−/西野春雄
◆富士山をめぐる日本人の心性/金山喜昭・天野紀代子・山中玲子・澤登寛聡・横山泰子
◆屋敷囲いとしての石垣を作る文化−喜界島、阿伝集落の例−/漆原和子・羽田麻美
◆国際日本学インスティテュート 報告/勝又浩
◆日麗関係の変質家庭−関係悪化の経緯とその要因−/溝川晃司
◆松前氏祖武田信広の出自について−従来の説の再検討と新しい可能性の提示−/和氣俊行
◆琉球王国の成立と朝鮮半島−『おもろさうし』の政治的編纂意図から−/吉成直樹・福寛美